資金調達

【お金を借りたい】お金を借りる方法8選|お金を借りるならどこ?

「すぐにお金を借りたいけど、どこで借りれば良い?」

「審査なしでお金を借りることはできないの?」

このように悩んでいませんか?

お金を借りる手段は消費者金融や銀行カードローンが代表的ですが、ほかにもさまざまな種類が存在します。特徴や金利、審査方法などそれぞれ異なるため、目的や資金の用途に合わせて選び分けると良いでしょう。

今回は、お金を借りる方法8選をご紹介します。さらに借入金額に合わせた返済額シミュレーションも行っているため、この記事を読むだけで返済計画を立てやすくなるはずです。

消費者金融カードローンランキング

  1. プロミス|大手5社で最安値の金利
  2. アコム|高い利用限度額で幅広い用途に資金を使える
  3. SMBCモビット|在籍確認なしでバレずに使える

お金を借りる方法8選

お金を借りるには主に8つの方法があります。

 

  • 大手消費者金融カードローン
  • 銀行カードローン
  • 街金(中小消費者金融)
  • クレジットカードのキャッシング
  • ゆうちょ銀行
  • 質屋
  • 親や友人
  • 自治体

 

お金を借りる手段といえばカードローンやクレジットカードのキャッシングを思い浮かべがちですが、実はゆうちょ銀行や質屋、自治体といったところからも融資を受けられます。それぞれの特徴や金利、審査期間などを以下の表にまとめてみました。

 特徴審査期間金利審査難易度
大手消費者金融カードローン
  • カードで簡単に融資が可能
  • 全国各地にローン契約機を用意
  • 即日・最短30分ほどで融資可能
30分~数日年3.0~18.0%審査で信用情報や他社からの借入状況、本人属性など細かく調査されるため、審査難易度は高め
銀行カードローン
  • カードで簡単に融資が可能
  • 総量規制の対象にならない
最短翌営業日以降年1.5~14.6%審査で信用情報や他社からの借入状況、本人属性など細かく調査され、さらに警視庁のデータベースへの照会も行われるため、審査難易度は高め
街金(中小消費者金融)
  • 貸金業法に基づいた中小の貸金業者
  • 大手消費者金融と審査基準が異なり借りやすい
  • ATMが少ないなどサービスに劣る
1時間~数日年3.1~20.0%大手消費者金融カードローンの審査に落ちた場合でもお金を借りられるため、審査難易度は低め
クレジットカードのキャッシング
  • クレジットカードの審査に通りさえすれば、審査なしでお金を借りられる
  • Web申請を行うと瞬時に口座へ入金されるので便利
2週間前後

 

(クレジットカード発行までの審査期間)

(キャッシングの審査はなし)

年7.8~18.0%キャッシングの審査はなし。その代わり、カード発行のための審査は信用情報や本人属性が参照され、基本的に厳しめ。ただ、カード会社によって審査難易度が大きく異なる
ゆうちょ銀行
  • 審査がない代わりに財形貯金や定期貯金などの担保が必要
  • 担保の80~90%までしか借りられない
審査なし【担保種別】

 

・定額貯金:返済時の約定金利+0.25%

・定期貯金:返済時の約定金利+0.5%

・財形貯金:返済時の約定金利+0.25%

・国債等:返済時の約定金利+1.7%

審査なし
質屋
  • 物品を預けて融資を受ける
  • 返済できないと質流れになるが、物品を失うだけで済む
15~30分(査定)月1.0~2.5%信用履歴を調査されるわけではなく、あくまで物品を査定するだけなので審査難易度は低い
親や友人
  • 知人なのでお金を借りやすい
  • 金利や返済日なども柔軟性に富む
  • 返済できないと関係が悪化することも
審査なし貸し手との相談による審査なし
自治体
  • 国や自治体が用意する「公的融資制度」を活用してお金を借りる
  • 民間ローンがどうしても借りられないときの助け舟
30~45日年0.0~1.5%所得証明書などの提出が求められるが、やむを得ない事情で資金を借りられる制度が多いため、大手消費者金融や銀行カードローンよりも審査難易度は低め。

上記の通り、それぞれメリットとデメリットがあることが分かります。

たとえば、1時間程度の審査で即日融資ができる便利な消費者金融系カードローンですが、金利が高く返済額が膨らみやすい点がデメリットです。審査がなく借りやすいゆうちょ銀行や質屋でも、定期貯金や物品といった何らかの担保を求められます。

そのため、それぞれのメリット・デメリットをよく理解して、目的に応じた融資方法を選びましょう。

金利の計算方法|カードローンの返済金額シミュレーション

基本的に融資を受ける場合は年利(1年間の借入金利)で利息を計算します。しかし、借金は1ヶ月など短期間ごとに返済するケースが多いため、実際の返済額が分かりにくい場合も多いのではないでしょうか。

そこで、ここではカードローンの返済金額をシミュレーションしてみました。

大手消費者金融のカードローンは17.0~18.0%の年利が一般的です。一方、銀行カードローンは、一般的に14.0~15.0%となります。そこで、大手消費者金融は18.0%、銀行カードローンを14.0%とし、120日間借りた場合の返済額がどのようになるか計算しました。

【利息の計算方法】

借入金額×実質年率÷365日×利用日数

5万円借りた場合の返済額

 大手消費者金融カードローン銀行カードローン
基準となる年利18.0%14.0%
利息計算式50,000円×18%÷365日×120日50,000円×14%÷365日×120日
利息2,958円2,301円
返済額52,958円52,301円

15万円借りた場合の返済額

 大手消費者金融カードローン銀行カードローン
基準となる年利18.0%14.0%
利息計算式150,000円×18%÷365日×120日150,000円×14%÷365日×120日
利息8,876円6,904円
返済額158,876円156,904円

30万円借りた場合の返済額

 大手消費者金融カードローン銀行カードローン
基準となる年利18.0%14.0%
利息計算式300,000円×18%÷365日×120日300,000円×14%÷365日×120日
利息17,753円13,808円
返済額317,753円313,808円

【すぐに借りたい】即日融資可能!消費者金融のカードローンおすすめ5選

「お金をすぐに借りたい」という場合は、消費者金融のカードローンがおすすめです。

審査は最短30分程度、即日融資にも対応するため、すぐにお金が手元に入ります。比較的融資スピードの速い銀行カードローンでも即日融資は不可能なので、消費者金融は今まさにお金に困っている人に最適です。

ここでは大手5社の消費者金融カードローンをご紹介します。

 プロミスアコムSMBCモビットレイクALSAアイフル
金利年4.5~17.8%年3.0~18.0%年3.0~18.0%年4.5~18.0%年3.0~18.0%
利用限度額500万円800万円800万円500万円800万円
審査時間最短30分最短30分最短30分最短15秒最短30分
融資スピード即日融資即日融資即日融資即日融資即日融資
WEB完結

 

(在籍確認が行われる場合がある)

学生の利用
必要書類【以下のうち一点】

 

・運転免許証

・パスポート

・健康保険証+住民票

(必要に応じて収入証明書)

【以下のうち一点】

 

・運転免許証

・パスポート

・健康保険証

・マイナンバーカード

(必要に応じて収入証明書)

【以下のうち一点】

 

・運転免許証

・パスポート

・健康保険証

(必要に応じて収入証明書)

【以下のうち一点】

 

・運転免許証

・パスポート

・在留カード

・マイナンバーカード

(必要に応じて住所確認書類と収入証明書)

【以下のうち一点】

 

・運転免許証

・住民基本台帳カード

・特別永住者証明書

・在留カード

・マイナンバーカード

(必要に応じて収入証明書)

利用対象20~69歳20歳以上で安定した収入がある人20~69歳20~70歳20~69歳
受付時間・店頭窓口:10:00~18:00

 

・電話問い合わせ:9:00~21:00

・WEB:24時間

・自動契約機:9:00~21:00

・店頭窓口:9:30~18:00

 

・電話問い合わせ:9:00~18:00

・自動契約機:8:00~22:00

・電話問い合わせ:9:00~21:00

 

・WEB:24時間

・自動契約機:場所により異なる

・店頭窓口:9:00~17:00

 

・電話問い合わせ:9:00~18:00

・WEB:24時間

・自動契約機:場所により異なる

・店頭窓口:10:00~18:00

 

・電話問い合わせ:9:00~18:00

・WEB:24時間

・自動契約機:8:00~22:00

プロミス|大手5社で最安値の金利

大手5社の消費者金融カードローンの中でも、もっとも低い金利を設定しています。実質年利の最高値は17.8%と、他社よりも0.2%だけお得です。高額な資金を長期間に渡って借りる場合は、この0.2%が返済額に大きく響きます。

また、ユーザーから―の満足度が高い点も特徴です。2020年オリコン満足度調査「ノンバンクカードローン」部門において見事1位を獲得しました。全国各地に設置されている自動契約機から最短30分で融資を受けられることや、郵送物なしでバレる心配がない点などが評価されています。

金利年4.5~17.8%
利用限度額500万円
審査時間最短30分
融資スピード即日融資
WEB完結
学生の利用
必要書類【以下のうち一点】

 

・運転免許証

・パスポート

・健康保険証+住民票

(必要に応じて収入証明書)

利用対象20~69歳
受付時間・店頭窓口:10:00~18:00

 

・電話問い合わせ:9:00~21:00

・WEB:24時間

・自動契約機:9:00~21:00

今すぐプロミスに申し込む

アコム|高い利用限度額で幅広い用途に資金を使える

最高800万円までお金を借りられる、利用限度額の高さが特徴です。上限金利は18.0%ですが、借入金額が501~800万円になると3.0~4.7%まで金利を抑えられます。利息は利用日数分のみ発生するため、早めに返済するほどお得です。

自動契約機は「むじんくん」の名称で親しまれています。8時から22時まで、幅広い時間帯に対応しているのもポイントです。自動契約機が銀行にしか設置されていない場合は銀行の営業時間内でしか利用できませんが、アコムの「むじんくん」なら時間を気にせず利用しやすくなっています。

金利年3.0~18.0%
利用限度額800万円
審査時間最短30分
融資スピード即日融資
WEB完結

 

(在籍確認が行われる場合がある)

学生の利用
必要書類【以下のうち一点】

 

・運転免許証

・パスポート

・健康保険証

・マイナンバーカード

(必要に応じて収入証明書)

利用対象20歳以上で安定した収入がある人
受付時間・店頭窓口:9:30~18:00

 

・電話問い合わせ:9:00~18:00

・自動契約機:8:00~22:00

今すぐアコムに申し込む

SMBCモビット|在籍確認なしでバレずに使える

WEBから融資を申し込む場合は在籍確認がありません。勤め先に急に電話が来て焦る必要もなく、家族や知り合いにバレずに使える点がメリットです。申し込みをする際は必要書類をWEB上でアップロードできるため、わざわざ店舗に足を運ぶ必要がないこともポイントといえるでしょう。

また、SMBCモビットでは、借金を返済するたびにTポイントが貯まります。返済額に含まれる利息分200円に付き1ポイントが受け取れるため、他社よりもお得に利用できます。

金利年3.0~18.0%
利用限度額800万円
審査時間最短30分
融資スピード即日融資
WEB完結
学生の利用
必要書類【以下のうち一点】

 

・運転免許証

・パスポート

・健康保険証

(必要に応じて収入証明書)

利用対象20~69歳
受付時間・電話問い合わせ:9:00~21:00

 

・WEB:24時間

・自動契約機:場所により異なる

今すぐSMBCモビットに申し込む

レイクALSA|緊急時でも最短15秒で審査結果が出る

最短15秒で審査結果が出る簡易審査を採用。審査に受かる見込みがあるかすぐに分かるため、さまざまな借入先を検討している人に向いています。本審査でも最短60分ほどで済み、申し込みはすべてWEBから行えます。

無利息期間を長めに設定できるのもレイクALSAの特徴です。「60日間無利息」もしくは「5万円まで180日間無利息」のどちらかを選ぶことができ、期間内に全額返済すると利息が要りません。

金利年4.5~18.0%
利用限度額500万円
審査時間最短15秒
融資スピード即日融資
WEB完結
学生の利用
必要書類【以下のうち一点】

 

・運転免許証

・パスポート

・在留カード

・マイナンバーカード

(必要に応じて住所確認書類と収入証明書)

利用対象20~70歳
受付時間・店頭窓口:9:00~17:00

 

・電話問い合わせ:9:00~18:00

・WEB:24時間

・自動契約機:場所により異なる

今すぐレイクALSAに申し込む

アイフル|成約率4割で決して審査が厳しいことはない

アイフルは自社のIR・企業情報サイトにて新規成約率を公開しています。2020年8月の新規成約率は41.1%で、約4割前後で推移しています。つまり、カードローンを申請した人の40%が契約に至っているため、決して審査が厳しいということはありません。

参考:アイフル株式会社 アイフル月次推移

また、最短30分の審査スピードや利用限度額800万円など、利用しやすい環境も整っています。申し込みはすべてWEB完結ができ、郵送物を送る必要もありません。

金利年3.0~18.0%
利用限度額800万円
審査時間最短30分
融資スピード即日融資
WEB完結
学生の利用
必要書類【以下のうち一点】

 

・運転免許証

・住民基本台帳カード

・特別永住者証明書

・在留カード

・マイナンバーカード

(必要に応じて収入証明書)

利用対象20~69歳
受付時間・店頭窓口:10:00~18:00

 

・電話問い合わせ:9:00~18:00

・WEB:24時間

・自動契約機:8:00~22:00

今すぐアイフルに申し込む

審査なしでお金を借りる方法

融資を受ける場合は基本的に審査が行われます。

「お金を借りたい」と思っても、この審査で望みが叶わないケースもあるでしょう。たとえば、過去に金融トラブルを起こして信用情報にキズが付いていたり、他社からの借り入れが多すぎる場合などです。

審査なしでお金を借りたいのであれば、方法は2つです。

  1. 家族友人に相談する
  2. クレジットカードのキャッシングを利用する

①家族友人に相談する

審査なしでお金を借りる方法の1つは、家族や友人から借金をすることです。知り合い同士なので審査はありません。また、利息や返済日についても話し合って決定できるなど、柔軟に対応できるでしょう。

しかし、家族や友人だからといって返済日が遅れたり、踏み倒したりすることのないよう注意してください。滞納や貸し倒れがあると家族や友人との関係に悪影響を与え、人としての信用まで失墜してしまいます。

②クレジットカードのキャッシングを利用する

クレジットカードのキャッシングを利用するのも方法の一つです。キャッシングは審査不要ですぐにお金が振り込まれるため、時間のない人でも手軽に利用できます。WEB上で申し込める点もメリットです。

ただし、キャッシングを利用するとカードのショッピング枠が減ります。クレジットカードの利用限度額は、ショッピング枠とキャッシング枠の合計で決まるからです。手軽に利用できるキャッシングですが、将来的に使えるお金を前倒ししているに過ぎない点に注意してください。

審査に通らない人の特徴

「お金を借りたいけどカードローンの審査に通らない」という人は、次のような特徴があります。

 

  • 信用情報に何らかの問題がある
  • 申込金額が返済能力を超えている
  • 短期間で複数社に申し込んだ

 

過去にクレジットカードや家賃などを滞納した場合、信用情報にその内容が記録されます。消費者金融カードローンや銀行カードローンでは上記の信用情報をチェックするため、審査に悪い影響を与える恐れがあります。

信用情報にキズが付いた状態で融資を受けるのは難しく、家族や友人を頼るなど別の手段を考えたほうが良いでしょう。

また、短期間で複数社に融資を依頼した場合も審査に悪影響を与えます。審査の際は他社への申し込みまでチェックされるため、お金に困っている印象を与えて融資には不利になるのです。

<h2>コロナで生活が厳しい人向け|お金を借りる方法</h2>

「コロナの影響で収入が激減した」という人には、自治体でお金を借りられる「個人向け公的融資」がおすすめです。

中でも生活福祉資金貸付制度は、コロナの影響を踏まえ、休業や失業などで生活資金に悩む人向けの緊急小口資金の貸出も行っています。

もともと生活福祉資金貸付制度は低所得者や高齢者世帯に対して融資を行っていましたが、緊急小口資金の貸出によってコロナの影響を受けた人もお金を借りることが可能です。各都道府県の福祉協議会が取り扱っています。

金利・連帯保証人あり:無利子

 

・連帯保証人なし:年1.5%

貸付条件・申請を行う自治体に住民票があり、居住が確認できる者

 

・外国人の場合は、外国人登録が行われていて在留資格が確認できる者

貸付対象世帯・低所得者世帯

 

・障害者世帯

・高齢者世帯

融資の種類・総合支援資金

 

・福祉資金

・教育支援資金

・不動産担保型生活資金

必要書類・借入申込書

 

・健康保険証の写しおよび住民票の写し

・所得証明等および借入希望額の根拠となる書類

参照元:厚生労働省 生活福祉資金貸付制度

よくある疑問

最後に、お金を借りる際によくある疑問をまとめてみました。

Q. ブラックリストに載っていてもお金を借りる方法はある?

あります。

大手消費者金融や銀行カードローンは審査が厳しいので融資は難しいですが、それよりも審査が比較的緩い街金であれば、融資を受けられる可能性があります。

ほかにも審査のないクレジットカードのキャッシングを利用する、家族や友人にお願いするなどの方法が取れます。

Q. 無職でもお金を借りる方法はある?

あります。

ブラックリストに載っているケースと同様、大手消費者金融や銀行カードローンでお金を借りるのは困難です。また、無職の場合は収入のあてがないので、街金でも可能性は低いでしょう。

そこで、クレジットカードのキャッシングや家族・友人を頼る方法が一番です。自治体で個人向け融資制度を受けることもできますが、所得証明書を出すケースも少なくありません。

Q. 銀行で個人が借りられる限度額はいくら?

銀行は総量規制(融資限度額が年収の3分の1までに制限された規制)の対象外となっており、融資上限の制限がありません。

しかし、最近は銀行がそれぞれ融資限度額を決めるケースが多く、借入先によって上限が異なります。

たとえば、三菱UFJ銀行カードローンの限度額は500万円、三井住友銀行カードローンは800万円です。そのため、融資限度額については、大手消費者金融のカードローンとほとんど変わりありません。

まとめ

お金を借りるには主に8つの方法があります。

  • 大手消費者金融カードローン
  • 銀行カードローン
  • 街金(中小消費者金融)
  • クレジットカードのキャッシング
  • ゆうちょ銀行
  • 質屋
  • 親や友人
  • 自治体

それぞれメリット・デメリットがあり、安全や実績を重視するなら銀行カードローンが向きますし、審査なしで借りたいならクレジットカードのキャッシングが最適です。

もし、「すぐにお金を借りたい」という人は大手消費者金融のカードローンを検討してみましょう。最短30分ほどの審査で即日振り込みに対応し、ほかのどの手段よりも最速でお金が入ります。今回お伝えした5社の特徴を参考に、必要に応じて選び分けてみてください。

消費者金融カードローンランキング

  1. プロミス|大手5社で最安値の金利
  2. アコム|高い利用限度額で幅広い用途に資金を使える
  3. SMBCモビット|在籍確認なしでバレずに使える

-資金調達
-, ,

© 2022 金融機関Navi